アイレップ公式サイト

ホワイトペーパー

第4章 評価者用システムの利用方法 解説版

PDFファイルを表示(2,043KB)
※他の章の解説と翻訳は、右サイドバー(PC)/ページ下部(モバイル)のリンクよりご覧ください。

平成29年7月7日
株式会社アイレップ

■ 本項の概要

「評価者(Rater)」による評価データはGoogle 検索アルゴリズムの改善に用いられるため、個々の評価基準をある程度統一する必要があります。本ガイドラインは、そのためのルールブックです。

本稿では、評価者が実際に評価を行うためのプラットフォームの利用法を解説しています。

主な内容は以下の通りです。

1:評価者用システムの利用方法 (152~160ページ)

本ガイドラインに基づいて検索品質を評価する「評価者(Rater)」が、業務で利用するプラットフォームの解説です。

■ 本項の要点

評価者向けプラットフォームの使い方を解説しているだけなので、「評価者がどのように実際の業務を行っているのかが気になる」といったマニアの方以外には意義の薄い項目です。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader(R)が必要になります。最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。