アイレップ公式サイト

ホワイトペーパー

2016年総括 検索エンジン順位変動と動向

Page.3

2016年 主な検索エンジン動向

■Google 、AMP コンテンツをモバイル検索結果に表示開始
2016年2月23日、Google はモバイル検索結果にAMP に対応したコンテンツの表示を始めました。AMP( Accelerated Mobile Pages )とは Google とTwitterなどが主導する、モバイルページの表示速度を改善するためのプロジェクト「 AMP Project 」が策定した規格です。
当初は「トップニュース」枠のみ表示していましたが、2016年9月20日からモバイルの自然検索結果枠にもAMP ページが表示され、10月21日に日本国内でも表示されるようになりました。
今なおAMP 規格は発展し続け、おおよそ1ヵ月半ごとにロードマップが更新されています。

▽関連情報
2016年1月20日 Google 、AMP のガイドラインを公開
2016年1月25日 米Google 、AMP での広告サポートの予定を発表
2016年2月23日 Google 、モバイル検索結果にAMP コンテンツ を表示開始
2016年3月9日 Twitter、海外向け機能限定でAMP のサポートを開始
2016年5月31日 AMP Project 、AMP のロードマップを発表
2016年6月30日 AMP Project 、AMP のロードマップを更新
2016年8月2日 Google 、AMP ページをモバイル検索の全検索結果に表示する機能を予告
2016年8月16日 AMP Project 、AMP のロードマップを更新
2016年9月20日 米Google 、モバイル検索の自然検索結果枠でのAMP表示を開始
2016年9月30日 AMP Project 、AMP のロードマップを更新
2016年10月21日 Google 、モバイル検索の自然検索結果枠におけるAMP 表示を開始
2016年10月31日 AMP Project 、AMP によるフォームのサポートを開始
■Google 、スパム対策を継続的に実施
Google は、自然検索順位を不正に操作する目的の不自然なリンクへの対策を実施しました。2016年2月には複数のリンクネットワークの対策を行い、4月には「商品やサービスを対価としたリンク」である不自然な発リンク(Outbound Link)にして対策を実施した模様です。

▽関連情報
2016年2月5日 Google 、日本向けのリンク供給ネットワークに対策を実施
2016年4月7日 米Google 、不自然な「発リンク」に対する手動対策を実施
■Google 、ペンギンアップデートを実施
2016年9月23日、Google は2014年10月以来約2年ぶりにペンギンアップデートの適用を開始したと発表しました。
今回のペンギンアップデートではコア アルゴリズムへの統合と評価単位を精細に適用できるよう改善されました。これによりリアルタイムにアップデートが適用され、これまでのWebサイト全体の評価から、Webサイトの一部というような細かい評価ができるようになりました。

▽関連情報
2016年9月23日 Google 、ペンギンアップデートを実施
■Google 、モバイル フレンドリー シグナルを強化
2016年5月12日、Google はモバイル フレンドリーなWebページをさらに優遇するアップデートを実施しました。2015年4月に実装されたモバイル フレンドリー アップデートの効果を強化するものです。
また2016年5月には新バージョンのモバイル フレンドリー テストツールを、6月にはモバイル フレンドリーの対応状況とページの表示速度を同時に確認できる「 Mobile Website Speed Testing Tool 」を立て続けに公開しました。

▽関連情報
2016年3月16日 Google 、モバイルフレンドリーなWebページをより有利に
2016年5月12日 Google 、モバイル フレンドリーなWebページがより有利になるアップデートを実施
2016年5月17日 Google 、新しいモバイル フレンドリーテストを公開
2016年6月2日 Google 、「スマホ対応」と「表示速度」の一括確認ツールを公開
■Google 、モバイル検索結果画面を更新
Google はモバイル検索結果画面において、2016年8月に「スマホ対応」ラベルを廃止し、9月には画像のサムネイル表示を開始しました。
特に、画像のサムネイル表示は、自然検索からのCTRや流入数などに影響が出る可能性があります。

▽関連情報
2016年8月23日 Google 、「スマホ対応」ラベルを廃止
2016年9月15日 米Google 、モバイル検索結果に画像のサムネイル表示機能を追加
■Google 、インタースティシャルへの対策強化を予告
2016年8月23日、Google は、2017年1月10日よりインタースティシャルへの対策を強化すると発表しました(予定通り2017年1月10日に実施)。
2015年11月にアプリインストールを促すインタースティシャルに限り対象ページの評価を下げる対策を実施しましたが、今回はアプリインストール以外のインタースティシャルにも適用されます。

▽関連情報
2016年8月23日 Google 、インタースティシャルへの対策を強化
■Google 、モバイル ファースト インデックスを発表
2016年10月13日、Google は米国のラスベガスで開催されたPubconのキーノートにおいて、モバイル用ページを優先したインデックス(MFI:モバイル ファースト インデックス)へ切り替える方針を発表しました。その後11月4日にはモバイル ファースト インデックスの詳細を公式ブログで発表しています。
現在はデスクトップPC用ページを優先してインデックスしていましたが、モバイル ファースト インデックス導入後はモバイル用ページを優先してインデックスし、自然検索結果の評価を行います。

▽関連情報
2016年10月13日 米Google 、モバイルファーストインデックスの実装計画を発表
2016年11月4日 Google 、モバイル ファースト インデックスに関する情報を発表
■Google 、検索結果のリッチ化をさらに推進
2016年、Google は検索結果のリッチ化をさらに推し進め、AIファーストに向けての体制を整えつつあります。
2016年4月に創業者メッセージ内で、「モバイルファースト」から「AIファースト」の時代へ移行すると宣言しました。その後、「 Rich Card 」機能や、曲名と歌詞表示など検索結果のリッチ化を推し進めています。

▽関連情報
2016年4月28日 Google 、2016年度の創業者メッセージを発表
2016年5月17日 米Google 、英語圏で「 Rich Card 」機能を実装
2016年6月末 Google 、「曲名+歌詞」の検索結果に歌詞表示
2016年8月8日 Google 、ナレッジグラフ にレストラン予約ページへのリンクを表示
2016年9月7日 米Google 、ナレッジパネルに「ウェブ上のレビュー」表示機能を実装

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader(R)が必要になります。最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。