アイレップ公式サイト

ホワイトペーパー

検索エンジン順位変動と動向(2014年4月)

2014年5月15日
株式会社アイレップ

2014年4月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。
順位変動観測指標の説明についてはこちら

図1
図2
図3

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均 ※4/17・18 ツールトラブルにより一部キーワードは集計対象外

2014年4月 検索エンジン動向と考察

■Matt Cutts,人気度と権威性の概念の違いを説明 目指すのはトピック単位の権威サイトの発見
2014年4月2日、米Google のMatt Cutts氏は同社検索アルゴリズムにおける人気度(Popularity)と真の権威性(Authority)の違いについてビデオで解説しました。
http://www.sem-r.com/seo/20140403082017.html
■英Google 、トピックの網羅的な情報をピックアップする In-depth articles を提供開始
2014年4月2日、英Google はトピックに関して網羅的で高品質な情報を詳細に伝えている記事を自然検索結果内に表示する “In-depth articles” を英国向けに提供開始したことをGoogle+ 公式ページで明らかにしました。
http://www.sem-r.com/news-2014/20140407183504.html
■Google 、国内7つのリンクネットワークに制裁を科したことを公表
2014年4月8日、米Google のMatt Cutts氏は過去数ヶ月にわたって日本国内の7つの(SEO目的の)リンクネットワークにペナルティを科したことを明らかにしました。
http://www.sem-r.com/news-2014/20140408154812.html
■Google 、SSL導入サイトの検索順位優遇は「まだ議論が始まったばかり」
2014年3月に開催された検索業界のカンファレンス・SMX West において、米Google のMatt Cutts氏がSSL導入サイトの検索順位を優遇しても良い旨の発言をしたことに端を発して、米Google が安全なSSL導入サイトの検索順位を優遇することを検討している件について「まだ社内で議論がはじまったばかりだ」と同社関係者が語ったことを米Wall Street Journalが報じています。
http://www.sem-r.com/google-2010/20140415045442.html
■Google 、商品リスト広告のカルーセル表示をテスト中
MozCastによりますと、米Google が商品リスト広告のカルーセル表示のテストを実施している模様です。
http://www.sem-r.com/google-2010/20140418015805.html
■ヤフー、ケータイサイト検索 終了を発表
ヤフー株式会社はモバイル版 Yahoo!検索サービスを一部リニューアルするとともに、ケータイサイト検索を2014年4月15日をもって終了することを明らかにしました。
http://www.sem-r.com/15/20140421155301.html

注目度の高いSSL問題や権威性の関する見解が発信される一方で、モバイル(フィーチャーフォン)検索市場縮小といった新たな市場の潮流が顕著に見られた先月の順位変動状況は、比較的大きめな変動が複数回観測され、順位状況の変化が激しい月でした。

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億4,914万円 (2013年9月末現在)
<事業内容>

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader(R)が必要になります。最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。