アイレップ公式サイト

プレスリリース

アイレップ主催 コミュニケーション設計や運用戦略、クリエイティブ施策まで
「最新LINE&Twitter広告活用戦略セミナー」
10月26日(木)大阪/中之島フェスティバルタワーにて開催(無料/定員制)

プレスリリース

平成29年9月27日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、広告・Webマーケティングご担当者様を対象に、「最新LINE&Twitter広告 活用戦略セミナー」を10月26日(木)、大阪/中之島フェスティバルタワーで開催いたします。講演は、アイレップ 第2メディアマネジメント本部 ソーシャルメディア戦略グループ 堀川隼輔と、同本部の後藤千裕が務めます。また、ゲストスピーカーとして、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下、DAC) メディアセールス本部 メディアセールス局第三メディア部 星拓磨氏を迎え、LINE ビジネスコネクトの活用術も合わせて紹介いたします。

お申し込み受付は終了しました。

セミナー開催の背景

昨今、ユーザーがコンバージョンに至るまでのタッチポイントが多様化したことで、潜在層から見込みユーザーまでを効率的に獲得するため、Webマーケティングにおいてソーシャルメディア広告の活用は欠かせなくなりました。

なかでも情報発信プラットフォーム「Twitter」は、いまや国内の月間アクティブユーザー数4,000万※1を越え、その利用は着実に広がってきています。特にリーチ力はボリューム・スピードともに、マスメディアに匹敵するとも言われています。また、広告視点では、ファンの獲得・認知拡大といったエンゲージメント指標だけでなく、ダイレクトレスポンスにおいても活用の幅が拡大しており、Twitter広告は抑えておくべきプロモーション施策として、企業のマーケティング担当者に注視されはじめています。特有のユーザー文化をもつTwitterで商品やサービスの魅力を伝えるためには、Twitterユーザーがどのような目的でTwitterを利用し、どのように情報を獲得・拡散していくかを的確に捉えた上でユーザーとのコミュニケーションを設計・運用していくことが重要です。

また、誰もが使用するコミュニケーションアプリへと成長を遂げた「LINE」は、2016年6月より運用型広告配信システム「 LINE Ads Platform(以下、LAP)※2」の提供を開始しました。これにより、LINE内の広告に性別・年齢・居住地・興味関心といった多様なターゲティングが可能となり、費用においても低コストで出稿できること、他のSNSではリーチできないLAPでのみリーチできるユーザーが多く存在することから、Twitter広告と同様に注目を集めています。

しかしながら、ソーシャルメディア広告は、各メディアごとに特徴が大きく異なり、ユーザー特性や配信アルゴリズムをふまえた運用戦略が重要なカギとなります。そこでこの度、アイレップでは、東京で先行開催し好評いただいた「LINE・Twitter広告セミナー」に、最新の仕様情報や活用事例を加えバージョンアップし、大阪にて開催することを決定いたしました。

企業のマーケティング担当者様、Web・広告のご担当者様、現状のLINE・Twitter広告の運用に課題を感じているお客様、これから活用したいと検討中のご担当者様、必見のセミナーです。

※1 2016年9月現在。
※2 2016年6月より提供開始されたLINEの運用型広告。開始からすでに1,000社以上が運用実施。
広告配信の際、予算・期間・ユーザー属性などを設定し、特定のユーザーを狙った広告出稿が可能に。

セミナー概要

セミナー申込要領

    参加費
    : 無料
    お申込
    : 専用フォームよりお申し込みください
    締 切
    : 2017年10月18日(水)17:00

    ※ネット広告代理店、Web制作会社等、同業他社の方の参加はお断りいたします

お申し込み受付は終了しました。

日程・会場

■ 大阪/中之島フェスティバルタワー

日 時
:2017年10月26日(木)  14:00-16:15(13:30受付開始)
会 場
: 大阪/中之島フェスティバルタワー
 (大阪府大阪市北区中之島2丁目3番18号 中之島フェスティバルタワー37F)
会場地図はこちら
http://www.festivaltower.jp/festival/
定 員
: 40名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

セミナースケジュール

【14:00-14:40】 第1部 「LINE Ads Platformが成果が良い理由と運用戦略」

(講演:株式会社アイレップ)

・LINE 最新媒体情報
・LINEが展開する広告商品紹介
・LINEタイムラインを使うユーザーとは?
・効果的なターゲティング手法
・LAPにおける有効なクリエイティブ戦略と最新事例紹介

【14:40-15:10】 第2部「LINE ビジネスコネクトプラチナパートナー※ DACが語るビジネスコネクト活用手法と公式アカウント運用戦略」

(講演:デジタルアドバタイジングコンソーシアム株式会社)

・無関心層をファン化させるLINEアカウント商品の運用ポイント
・LINE ビジネスコネクト活用法
・アイレップ×DACが考えるLINE ビジネスコネクト/公式アカウント運用戦略

※ 「LINE ビジネスコネクト」は、LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス。外部データとの接続により、OnetoOneや双方向のコミュニケーションが可能となる。「LINE ビジネスコネクト パートナーアワードプログラム」は、公式パートナーの中から年間の導入実績に応じてランク認定・表彰する取り組みで、DACは2017年、最上位のプラチナパートナーに認定。

【15:20-15:40】 第3部 「効果的なTwitter広告運用戦略」

(講演:株式会社アイレップ)

・Twitterの今
・Twitterユーザー特性とは?
・効果的なターゲティング手法徹底解説
・成果を出す運用戦略
・Twitter特有の広告フォーマット最新活用事例

【16:00-16:15】 質疑応答

講演者

■株式会社アイレップ 第2メディアマネジメント本部 ソーシャルメディア戦略グループ サービスプランナー  堀川 隼輔

2014年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社。入社当初よりLINE担当者として従事。3年間にわたり、公式アカウント、LINE Ads PlatformなどのあらゆるLINE広告商品の提案、運用を担当し、広告主の課題解決に貢献。2016年よりアイレップに参画。

■デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 メディアセールス本部メディアセールス局 第三メディア部 星 拓磨

2013年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社入社。営業職を経てLINE担当に。大手総合広告会社へ常駐し、ナショナルクライアントへのLINEビジネスコネクトを含めたLINEプロダクトの提案・運用を推進。2016年より帰任し、LINEプロダクト及びLINEビジネスコネクト対応ツールDialogOneR活用の啓発活動に従事。

■株式会社アイレップ 第2メディアマネジメント本部 メディアマネジメントグループ サービスプランナー  後藤 千裕

2014年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社。入社当初よりTwitter担当者として従事。3年間にわたり、Twitter広告商品の提案、運用を担当し、広告主の課題解決に貢献。2016年よりアイレップに参画。

以上

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,064万円 (2017年9月末現在)
<事業内容>
  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)
※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
<代表者>島田雅也
<所在地>東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
<設立年月>2016年10月
<上場市場>東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】 広報担当 E-MAIL:
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: