アイレップ公式サイト

プレスリリース

アイレップ デジタルマーケティング レポート
第2回 デバイス別、インターネット&検索エンジンの利用実態に関する調査
インターネットユーザーのデバイスごとの利用目的が明らかに!
~スマートフォンの利用目的は“暇つぶし”。ネットショッピングの比較検討・購入の半数はPC~

プレスリリース

平成25年8月6日
株式会社アイレップ
JASDAQ(証券コード:2132)

広告主のマーケティングを最適化するデジタルマーケティングエージェンシーの株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紺野俊介、以下アイレップ)では、平成25年6月に「デバイス別のインターネット&検索エンジンの利用実態に関する調査」を実施し、この度、その結果がまとまりましたのでご報告いたします。本調査は、昨年に続き第2回目の調査になります。

≪調査結果サマリー≫

■利用サイト

  • 日常的に利用するWebサイトは「スマートフォン」「タブレット」「PC」に共通して、“天気”“地図”“ニュース”が多い。
  • スマートフォンは「乗り換え案内」「カレンダー」「SNS」のサイト利用が他デバイスより多い。
  • PCは「ショッピング」「動画のダウンロード」「旅行」のサイト利用が他デバイスより多い。

■インターネット利用目的

  • スマートフォンの利用目的トップは“暇つぶし”。
  • デスクトップPCの利用目的トップは“商品を購入するため”。情報収集目的を上回る。

■最も利用している検索エンジン

  • スマートフォンとタブレット端末ではGoogle 利用者がYahoo! JAPAN利用者より多い。
    一方で、PCではYahoo! JAPAN利用者がGoogle 利用者より多い。
  • Yahoo! JAPANの利用理由は「使い慣れている、なじみがある」。
  • Google の利用理由は「シンプル、便利、簡単、使いやすい」。

■検索をおこなうシーン

  • 「スマートフォン」「タブレット」「PC」に共通して、特に多いのが“ニュース検索”。
  • スマートフォンによる検索で、他デバイスより多いのは“暇なとき”“車内広告を見たとき”。
  • PCによる検索で、他デバイスより多いのは“ネットショッピング”“趣味について調べるとき” “旅行・旅行先の情報について調べるとき”。

■デバイス別、ネットショッピング利用実態

  • ネットショッピングにおけるメインデバイスは依然としてPC。
  • 商品の比較検討・実際の購入について半数近くはデスクトップPCかノートPCを利用。
  • 一方、スマートフォンを使った商品の比較検討は1割強、実際の購入は1割弱に留まる。

■スマートフォン及びタブレット端末内のアプリケーション数

  • 「iPhone」「Androidスマートフォン」「iPad、iPad2」では、“11~20個”が最も多い。
  • 「Androidタブレット」では、“6~10個”が最も多い。

調査概要

■調査目的 :
進化し続けているデバイスを分類し、インターネット及び検索エンジンの利用実態を把握し、デジタルマーケティング領域におけるユーザーの行動分析を行うことで、情報流通の最適化の発展に寄与し、ユーザーと商品・サービスのベストマッチングを追求する一助とする。
■調査対象 
: インターネットユーザー2,413名
 各デバイスユーザーの内訳は下記の通り。(※複数デバイス所有による重複あり。)

・「iPhone」ユーザー
: 662
・「Android」搭載スマートフォンユーザー
: 856
・「iPad,iPad2」ユーザー
: 411
・「Android」タブレットユーザー
: 377
・「ネット接続可能なゲーム機」ユーザー
: 586
・「ネット接続可能なテレビ」ユーザー
: 732
・「デスクトップPC」ユーザー
: 1,420
・「ノートPC」ユーザー
: 1,716
■調査手法 
: インターネット調査
■調査期間 
: 2013年6月12日(水)~2013年6月18日(火)
■調査企画
: 株式会社アイレップ
■調査実施 
: ユナイテッド株式会社

調査結果のハイライト

≪全体概要≫

  • 今回の調査では、まず利用するWebサイトを聞いたところ、「スマートフォン」「タブレット」「PC」に共通して、“天気”“地図”“ニュース”に関するWebサイトを利用する傾向にありました。デバイス別の特徴としては、スマートフォンは“乗り換え案内”“カレンダー”“SNS”のサイト利用が他デバイスより多かったのに対し、PCは“ネットショッピング”“動画のダウンロード”“旅行”のサイト利用が他デバイスより多い傾向にありました。(図1)
  • インターネットを利用する目的では、全デバイスにおいて“個人的な興味、娯楽の情報収集のため”“暇つぶしのため”が多くなっています。デバイス別にみると、「iPhone」「Androidスマートフォン」では、“暇つぶしのため”が特に多く、“SNS等で誰かとコミュニケーションをとるため”“スケジュールなどの管理のため”がやや多い傾向にあります。「デスクトップPC」では、“商品を購入するため”が最も多く、暇つぶしや情報収集目的の利用を上回ったほか、“ネットバンキング”も他デバイスと比較し多くなっている傾向にありました。(図2)
  • 最も利用している検索エンジンは、全デバイスにおいてYahoo! JAPANとGoogle の利用が8割以上を占め、その他の検索エンジンの利用はそれぞれ数%に留まりました。デバイス別にみると、「スマートフォン」「タブレット端末」ではGoogle の利用者がYahoo! JAPAN利用者を上回りました。一方で、「PC」ではYahoo! JAPAN利用者がGoogle 利用者より多い傾向がありました。また、それぞれの検索エンジン利用者に、利用する理由も合わせて聞いたところ、Yahoo! JAPAN利用者では「使い慣れている、なじみがある」が最も多い理由だったのに対し、Google 利用者では「シンプル、便利、簡単、使いやすい」が最も多い理由でした。(図3、図4)
  • 検索を行うシーンでは、「スマートフォン」「タブレット」「PC」に共通して、“ニュースの検索”が特に多い傾向にありました。デバイス別にみると。スマートフォンによる検索で、他のデバイスより多かったシーンは“暇なとき”“車内広告を見たとき”で、一方のPCによる検索では、“ネットショッピング”“趣味について調べるとき”“旅行・旅行先の情報について調べるとき”が他のデバイスより多い傾向がありました。(図5)
  • ネットショッピングに関するデバイスごとの利用状況では、商品の比較検討・実際の購入について多くのインターネットユーザーは「デスクトップPC」または「ノートPC」を利用しており、ネットショッピングにおけるメインデバイスは依然としてPCが重要な地位を占めています。一方、スマートフォンを使った商品の比較検討は1割強、実際の購入は1割弱に留まりました。
  • ネットショッピングの頻度を見ると、「スマートフォン」「タブレット」「PC」で、“多くなった”の割合が、“少なくなった”を上回っています。金額では、「テレビ」を除く他デバイスでは、“高くなった”の割合が、“低くなった”を上回っています。また、昨年の同様の調査と比較すると、全てのデバイスで頻度が“多くなった”という回答が減っています。(図6、図7)
  • スマートフォン及びタブレット端末内のアプリケーション数を調べたところ、「iPhone」「Androidスマートフォン」「iPad、iPad2」では、“11~20個”が最も多い。「Androidタブレット」では、“6~10個”が最も多くなっている。「スマートフォン」「タブレット」においては、“天気”が最も多くなっている。また、よく利用するアプリケーションは、「iPhone」「Androidスマートフォン」では“チャット・音声通話”がやや多くなっている一方、「iPad、iPad2」「Androidタブレット」では“書籍”がやや多い傾向がありました。(図8、図9)

■ アイレップSEM総合研究所 所長 渡辺隆広のコメント

今回の調査結果について、SEOの第一人者で、アイレップSEM総合研究所 所長の渡辺隆広は以下のようにコメントしています。

スマートフォンやタブレットからのインターネット利用者の増加に伴い、企業もWebサイトや広告のスマートフォン対応を進めています。しかし、その対応がユーザーの利用実態にそぐわないためにユーザーの不満を募らせたり、訪問者の真意や意図を理解しない形で最適化が進められた結果、当初期待された成果が生み出せない事例も少なくありません。フィーチャーフォンやデスクトップの世界における「常識」を捨てて、スマートフォン利用者の行動を理解し、自社の来訪者のニーズにあったスマートフォン対応を検討することが大事だと言えます。

渡辺隆広氏
【渡辺隆広(わたなべたかひろ)】
日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)等。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。

【調査結果】

■デバイス別、利用サイト/インターネット利用目的

図1. 利用サイト
Q、以下の物でインターネットサービスを利用する際、どのようなWebサイトを利用しますか。(それぞれあてはまるもの全て)

図1

図2. インターネット利用目的
Q、あなたが以下の物でインターネットを利用する目的について教えてください。(それぞれあてはまるもの全て)

図2

■最も利用している検索エンジン

図3. 最も利用している検索エンジン
Q、あなたが、以下の物で検索している際に、最も利用している検索エンジンを1つ選んでください。また、その検索エンジンを利用している理由を教えてください。

図3

図4. 『Yahoo! JAPAN』と『 Google 』の利用理由
Q、あなたが、検索エンジンで『Yahoo! JAPAN』と『 Google 』を利用している理由を教えてください。

図4

■検索をおこなうシーン

図5. 利用している検索エンジン
Q、あなたは、以下のものを使用してどのようなシーンで検索を行いますか。(それぞれあてはまるもの全て)

図5

■デバイス別、ネットショッピング利用実態

図6. ネットショッピングに利用するデバイス
Q、普段、あなたがインターネットを利用してショッピングをする時に使用するデバイスについて教えてください。(あてはまるもの全て)
また、最も購入意思決定及び購入手続き時に使用するデバイスを教えてください。

図6

図7. ネットショッピングに利用するデバイス
Q、以下のものを利用するようになり、変わった点について教えてください。
※ネットショッピングで商品を購入する「頻度・金額」をそれぞれお答えください。

図7

■スマートフォン及びタブレット端末内のアプリケーション数

図8. デバイス別、端末内アプリケーション数
Q、あなたはお持ちの「スマートフォン」または「タブレット端末」において、端末内にあるアプリの数はいくつですか。 実際の使用有無にかかわらず教えてください。

図8

図9. デバイス別、端末内アプリケーション数
Q、あなたはお持ちの「スマートフォン」または「タブレット端末」において、どのようなアプリをよく利用していますか。(あてはまるもの全て)

図9

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億4,789万円 (2012年9月末現在)
<事業内容>

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp