アイレップ公式サイト

プレスリリース

アイレップSEM総合研究所、
2008年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表

報道関係者各位
プレスリリース

2008年12月8日
株式会社アイレップ(コード番号:2132)
代表取締役社長 高山雅行

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山雅行、証券コード:2132、以下アイレップ)SEM総合研究所は、2008年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表します。SEM専門企業アイレップならではの視点で選定をしました。

企業の広告・マーケティング手法として今や必要不可欠のマーケティング手法のSEMですが、2008年も様々な変化が起き、企業の広告・マーケティング担当者をはじめ、多くの関係者にとって目が離せない1年でした。

そこで今回、アイレップ SEM総合研究所では2008年のSEM市場における最重要な10大ニュースを選定しました。選定にあたっては日本のSEOの第一人者でもあるSEM総合研究所 所長の渡辺隆広を中心に討議を重ね、影響度の高いものを選定いたしました。また各々のトピックにつき、解説を付記しています。

2008年検索エンジンマーケティング業界10 大ニュース

1. Google、docomoとモバイルネット分野で提携

2006年7月のKDDIとの提携によりモバイル検索に本格的に参入したGoogleですが、今年春に携帯キャリアで国内最大のNTTドコモと提携し、iMenu検索の提供も開始しました。PC検索市場ではYahoo! JAPANが過半数のシェアを保つものの、モバイル検索では逆転してGoogleが8割近くのシェアを持つことになりました。モバイル検索技術はまだまだ未熟な部分が多いですが、携帯端末だからこそのニーズを捉えた検索技術・サービスも登場してきており、今後はPCの世界とは違った形での検索機会の増加が見込まれます。

2. Google、ストリートビューを日本で公開

自宅にいながらにして街の風景が楽しめるGoogleストリートビューが日本国内でも公開されました。革新的という点で注目を集める一方で、日本の文化、プライバシー、法律などの観点からも批判もありましたが、今年Googleのサービスで最も注目を集めたといってもいいでしょう。

3. Yahoo! VS Google VS Microsoft の買収巡る争い

MicrosoftによるYahoo!買収意向の発表から、Yahoo!、Google、Microsoftの3社間での駆け引き、Yahoo!とGoogleでの検索広告分野での提携発表、そして独占禁止法を巡る批判、そして両社の合意解消…と今年1年間は、検索3強を巡る争いが絶えない1年でした。12月1日時点でMicrosoftとYahoo!が検索分野での提携を再度模索しているとの憶測も流れており、「対Google」を巡る攻防は来年も続きそうです。ただ、大手調査会社が発表する過去3年の検索シェアの推移を見る限り、(日本は例外ですが)世界的にはGoogle支配の状況は続きそうです。

4. リスティング広告入札管理ツール元年

与えられた指標目標や予算、キーワードを基に、最も効果・効率的な入札を自動的に行うのがリスティング広告の自動入札管理ツール。2008年はこの分野で先行する海外の主要プレーヤーが続々と日本市場への本格参入を果たしたほか、今年後半には国産の入札管理ツールも登場してきました。日本の広告主にとっては、リスティング広告の運用成果を向上させるソリューションの選択肢が増えることになります。今年は「導入」がメインでしたが、来年は「活用」のステージになると予想されます。

5. ヤフー、インタレストマッチ広告

Yahoo! JAPANの膨大なPVを持つプロパティを活用した、新たなターゲティング広告「インタレストマッチ広告」をリリースしました。従来のWebページのコンテンツ解析に加え、ユーザの過去の閲覧履歴や使用キーワードも参照することで、今この瞬間のユーザの興味・関心を特定し、関連性が高い広告を表示するものです。今年後半にリリースされたばかりの広告商品ということでまだまだ改良した方が良い点はあるものの潜在的な可能性は秘めており、システムが整うであろう来年以降、大きく伸びていく可能性があります。

6. 中国最大の検索エンジン、日本市場に参入

中国最大シェア、そしてアジアで最も多くの検索者数と検索回数(comScore、2008年9月)を誇る百度(baidu)が2008年1月に、正式に日本国内でサービスを開始しました。中国ではMP3検索や掲示板などでも人気の同検索エンジンですが、国内でも日本語・日本人固有のニーズにあわせたサービスを提供しようと取り組んでいます。年内から来年にかけては韓国の検索エンジン・NAVER(ネイバー)参入も予定されており、Yahoo!とGoogleの2強が支配する検索市場にどのように入り込んでくるかに注目です。

7. 「Web検索」の枠を超えるGoogleとYahoo! – ブレンド検索の拡大

ユーザの検索ニーズを汲み取り、単にWebページのリンクだけでなく、ニュースやブログ、写真、ビデオなど様々なフォーマットのコンテンツを混合(blended)して検索結果に表示する、ブレンド検索(blended search)の普及が進んだ年でもありました。2007年5月に米国で「ユニバーサル検索」という名称でいち早くサービスを開始したGoogleは、日本でも今年前半にかけて地図や動画、写真、ブログなどWeb検索のユニバーサル化を進めてきました。一方のYahoo! JAPANも後半~年末にかけて、Yahoo!ショッピングやグルメ、地図など自社が保有するコンテンツとWeb検索を組み合わせて表示するように改良されました。検索に不慣れ、あるいは地図や動画が探せることを知らないユーザでも、ブレンド検索によって本当に求めていた情報にアクセスできるようになっただけでなく、これまで知らなかったコンテンツに触れる機会を持つようになりました。来年以降も「関連性(Relevancy)」を高めるための努力が各社で試行錯誤されていくことになります。

8. 検索会社からSEO業界への情報発信、日本でも進む

米国では以前から検索関連のフォーラムなどで、検索エンジン各社が検索エンジンマーケティング業界向けに様々な情報交換を行ったり、コンファレンスなどの講演・討論などを通じて正しい知識・理解を浸透させるような活動を行っていました。今年は特に日本でも検索会社からの情報発信が進んだ年でもあります。Googleは「ウェブマスター向けヘルプセンター」の内容を刷新し、SEOについてのより深い理解、サイト管理者がスパムに手を染めないような注意喚起を行ってきました。またYahoo! JAPANも同様に「Yahoo!検索インフォセンター」というサイトを開設し、メタタグの記述やクローラによるインデックスを制御する方法(REP)、サイト管理ツール(「Googleウェブマスターツール」、「Yahoo!検索サイトエクスプローラー」)の使い方など詳細なコンテンツが用意されています。SEOは適切に扱えば検索エンジンにとっても有益になる一方、間違えば嫌われるスパムと化してしまう要素を含んでいます。検索各社が公式にリリースするこうした情報に、日本のマーケティング担当者もきちんと目を通して正しい理解をすることが求められています。

9. アルゴリズム検索の対抗?ソーシャル検索やセマンティック検索のベンチャー企業相次ぐ

ここ数年にわたり検索市場を支配しているYahoo!、Googleはいずれもアルゴリズム技術を利用して検索結果を並び替え、ユーザに関連性の高い情報を提供しようとしてきました。これに対し、2008年はWikia Searchやmahalo などの人の手を加えた編集要素を備えた検索エンジン、自然言語処理技術によってコンテンツを理解しようとするセマンティック検索などの新しい技術・サービスが登場してきています。セマンティック検索で以前から注目されていたPowersetはMicrosoftに買収されましたが、動画コンテンツ増加に伴う動画検索へのニーズの高さから同分野でも音声自動認識技術などが登場しており、来年もテクノロジー分野での進化も目が離せません。

10. 高度なキーワード分析ツール登場

2007年4月にオーバーチュアがキーワードアドバイスツールの提供を終了して以後、一般個人や企業はキーワード個々の最新の検索回数や傾向、トレンドを知る術がありませんでした。しかし今年に入り、Googleが従来のアドワーズ広告主向けのキーワードツールや「Googleトレンド」「Search-based Keyword Tool」を提供したこと、また、アユダンテ、クロスリスティング、弊社の3社でリリースした「キーワードハンター」の登場によって、最近の検索回数はもちろん、過去に遡った検索回数やトレンドを知る手段が生まれました。検索エンジンマーケティングにとってキーワードの分析はキャンペーンの成否を分ける重要な情報であり、こうした検索会社による情報公開は広告・マーケティングの関係者にとって好ましいことです。

以上

■株式会社アイレップ SEM総合研究所について

アイレップはSEM(検索エンジンマーケティング)専業企業(※1)として日本トップの売上高実績(※2)を持つ、SEMサービスのリーディングカンパニーです。検索連動型広告、SEO、Web解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、SEM関連の専門サービスをワンストップでご提供しております。SEM総合研究所は、株式会社アイレップが2004年6月1日にサーチエンジンマーケティングに関する専門的な研究を手がけるシンクタンクとして設立した研究所です。日本最先端のSEMのノウハウ・情報を有するアイレップでは、今後も有益な最新情報を継続的に提供して参ります。

(※1)SEM専業の定義=リスティング広告、SEO等のSEMサービス売上が全体売上の70%以上の事業者
(※2)2008年7-9月の売上高ベース(当社推定)

アイレップのSEMサービスサイト

株式会社アイレップ 概要
オーバーチュア推奨認定代理店/グーグル正規代理店
<所在地>東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号 青山東急ビル
<代表者>高山雅行
<設立>1997年11月
<資本金>5億3,514万円(2008年9月末現在)
<事業内容>

本件内容・記事転載・引用等に関するお問い合わせ先
広報担当 毛利
E-MAIL:

サービス内容に関するお問い合わせ先
サービス担当 紺野
E-MAIL:

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。